こんな楽な野菜栽培は無い。
キューリ、ナス専用鉢以外のプランターにはスプリンクラー等の
灌水装置は取り付けてない。
夏は果樹や花壇、ひと通り水やりに30分以上かかります。
これが苦か、楽しみか?
排水が良好であれば土のPHはあまり気にしなくても良くできる。
地面より高いので姿勢が楽。
地表面が良く乾き草が生えない。
(足に雑草の種子を付けてこないことも要因)

連作を正確に把握することができる。


6月5日

自動灌水付き45㎝自作鉢12個、毎年連作。
鉢が2段になっている、上部のみ土を取り替える。
下部は軽石の礫、通気性抜群。
不織布とトリカルネットを重ねている。
ゼニ苔がびっしり生えて夏の冷却に役立つ。

ピーマン3本
キューリ3本、6月に3本追加予定
ナス3本

大型プランター

畔板を3枚連ねた物、最近この波数の多いものが入手困難に
なってきました。

ネギ
土生え青シソを移植
枝豆
ラッキョ
トマト、ホーム桃太郎、ウイルス汚染されていた。
4本とも廃棄処分(>_<)
ゴーヤの連作、昨年のこぼれタネからの自然実生。
2本の残して育てる。このプランターは底無し。
マリーゴールドの播種
ニューメロン1本植え2基
手前小生姜、奥はコロタン(メロン)

中央は大生姜、手前の列は収穫後のニンニク、その先は冬野菜の残渣
残渣はそのまま緑肥とする。